スレッド一覧 > 記事閲覧
[18] 貿易箱庭戦史アーカイブ
日時: 2015/10/03 13:27
名前: 羽生沢@貿易箱庭戦史研究委員会 ID:JDVW5.Z2

貿易箱庭で起きた戦争の歴史を記録するスレッドです。

※戦史以外の書き込み禁止。記事を書き込みたい場合、貿易箱庭戦史アーカイブ管理人羽生沢(@howther111)の許可を得てください。

 目次
●1100ターン杯戦役
●天津風事変
●演習戦争

 執筆予定
●野獣戦争
●斧水事変
●世界大戦
●「神々の黄昏」戦争(Zwielicht des Gotterdammerung)
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

1100ターン杯戦役 ( No.1 )
日時: 2015/07/01 18:45
名前: 羽生沢@眼鏡島で療養中 ID:lZynZdaU

【開始ターン】1097ターン
【終了ターン】1100ターン

【交戦国】
〔帝政革命枢軸〕
立憲帝政島(神聖マルテス同盟)
大八月革命島(経済相互協力機構)
VS
〔天ベルあんなこ連合〕
天津風のガーターベル島(女子高生大好き倶楽部)
あんなこ島やこんなこ島(神聖マルテス同盟→女子高生大好き倶楽部)

【経過】
 1000ターン代後半にわたって長く首位の座にあった帝政島は、1097ターンに天ベル島から突然宣戦布告を受けた。
 開戦前、戦争は同盟間ではなく島単位で行うという国際的な合意がなされた。この合意は、天ベル島の巧みな国際世論誘導によって成立した。神聖マルテス同盟は十分なミサイルが配備できておらず、同盟間総力戦を戦う能力は無かったのである。
 神聖マルテス同盟による直接支援を断たれた帝政島は、他の中立諸島や経済相互協力機構盟主の革命島に対し参戦を依頼。革命島の参戦承諾により、戦力はかろうじて均衡すると思われた。
 1098ターンには、天ベル島が帝政島へ機械獣派遣、帝政島と革命島が天ベル島へミサイル攻撃を実施。同時に、帝政島に3発のSTミサイルが着弾。この砲撃はあんなこ島によるものであった。
 当時最大の軍事大国であったあんなこ島は神聖マルテス同盟からの離反を宣言し、直後に女子高生大好き倶楽部に加盟した。この裏切りは国際社会に大きな動揺をもたらし、枢軸陣営に敗北を確信させた。
 1099ターンには天ベルあんなこ連合による帝政島への一斉砲撃が行われ、元々脆弱であった帝政島の防衛体制が崩壊。あんなこ島の裏切りに対し帝政島の世論は沸騰していたが、首相はアナキャピ島が作成した講和案を支持することを決定する。
 その後、天ベル島はアナキャピ島の講和案を受諾。1100ターンの停戦は無事行われ、国際社会に再び平穏が訪れた。1100ターン杯は天ベル島の手に渡ったが、大きな被害を蒙った帝政島も2位の座を守った。

【影響】
 戦闘は短期間で終結したが、この戦争が国際社会に及ぼした影響は大きい。
 一つは、女子高生大好き倶楽部の神聖マルテス同盟に対する優位が完全に決定づけられたことである。運営経験の浅い島々は、この戦争で箱庭国際社会の厳しさを思い知らされることとなった。
 また10万の人口と市場を失った帝政島は前首相の辞任と共に神聖マルテス同盟を離脱し、非同盟中立の平和主義外交を志向することを決定した。従来の強硬な対外政策を反省し、同盟の枠組みにとらわれない柔軟な外交政策が必要であるとの判断によるものであった。
 機械獣の対処をめぐる認識も問題となった。帝政島は努力をしている!島に対し機械獣の撃破を依頼していたが、これが戦闘行為に該当するか否かが戦後に論争となったのである。この論争の決着は未だついていない。

【1100ターン杯戦役回顧録】
 この戦争については、各島の首長がtwitterで当時の状況を述べている。それらについては、ハッシュタグ〔#1100ターン杯戦役回顧録〕を参照のこと。

最終更新1111ターン
メンテ
天津風事変 ( No.2 )
日時: 2015/08/12 11:28
名前: 羽生沢 ID:uLceoUoA

【開始ターン】1116ターン
【終了ターン】1117ターン

【交戦国】
オノゴロ島(女子高生大好き倶楽部)
努力はしている!島(新生マルテス同盟→無所属)
バッファロークソ島(新生マルテス同盟)
立憲帝政島(無所属→女子高生大好き倶楽部)

【経過】
 1112ターンにSTミサイルがあんなこ島やこんなこ島に着弾。この事件を受け、天津風のガーターベル島は「次にSTミサイルが発射されたら全世界に宣戦布告する」という旨の声明を発表する。
 あまりに唐突なこの声明は女子高生大好き倶楽部の一部の脱退を招いた。国際情勢が混乱する中、1116ターンにSTミサイルが帝政島に着弾。天津風のガーターベル島は声明通り、1117ターンに女子高生大好き倶楽部に所属しない全ての島に対し宣戦布告を行う。
 これを受け、新生マルテス同盟の加盟国であったアナキャピ島、斬魄島、バッファロークソ島が女子高生大好き倶楽部に加入。また復興途上にあった帝政島も被害を恐れ中立路線を放棄し、女子高生大好き倶楽部に参加する。この4ヶ国の参加条件として天ベル島は1000億円の金を要求したが、帝政島が全額負担に応じた。加盟の見返りとして、天ベル島は各島に砲弾を無償配布した。
 1118ターンには、努力はしている!島がバッファロークソ島に、オノゴロ島が帝政島に砲撃を行った。後者は女子高生大好き倶楽部内の命令系統の遅延によるものであり、天ベル島は帝政島に対し1000億円の補償を支払った(参加費と相殺)。後に判明したことだが前者も誤爆であり、努力島がクソ島に補償を送っている。
 その後戦争は経済相互協力機構へと飛び火するかに思われたが、大八月革命島の交渉により衝突は避けられた。攻撃対象を失った天ベル島はその後、戦闘終結を宣言した。

【影響】
 戦闘による被害の大きさは1100ターン杯戦役ほどではないものの、この紛争が国際社会にもたらした混乱は大きい。十分な防衛力を持たない発展途上国は一時恐慌状態に陥り、斬魄島に至っては一時的な鎖国を実施した。
 従来の二大同盟の枠組はほぼ完全に崩壊し、発展途上国は安全保障に大きな不安を抱えるようになった。国際秩序を回復するため、ュ島によりチームゆるふわが結成されたことは、そうした国々にとってせめてもの救いであったと言えるだろう。

 最終更新1118ターン
メンテ
演習戦争 ( No.3 )
日時: 2015/08/12 12:15
名前: 羽生沢 ID:uLceoUoA

【開始ターン】1237ターン
【終了ターン】1239ターン

【交戦国】
立憲帝政島(マルテス教団)
VS
〔さゆみん防衛有志連合〕
天津風のガーターベル島(女子高生大好きクラブ改)
さゆみん島
あんなこ島やこんなこ島(暴力商会)
ひょっこりひょうたん島(暴力商会)

【経過】
 この戦争の原因は明らかになっていないが、マルテス教団の内部分裂にあるという説が有力である。当時のマルテス教団は世界最大の国力を有していた帝政島と、列強の後塵を拝するアナキャピ島の二大巨頭体制であった。帝政島が奇跡的な戦災復興を成し遂げた一方で、マルテス教団の統制は取れず、軍拡は遅れていた。そうしたマルテス教団の実情に痺れを切らした帝政島は、戦争への動員によって教団所属国の結束力を強化するという戦略を採用したのである。
 帝政島の「演習戦争」は、こうした戦略に基づいて企画されたものであった。投票によって攻撃先となったさゆみん島に対しては、マルテス教団所属国を中心とする数か国による合同攻撃が行われる手はずであった。
 だが結果的に、1237ターンに帝政島はさゆみん島に対して単独攻撃を行うこととなった。この理由は、早期開戦に反対するアナキャピ島が帝政島を除く各投票国に対して攻撃中止命令を下していたためであるという説が極めて有力である。
 それを受けて1238ターンにはさゆみん防衛有志連合による反撃が帝政島に対して行われ、帝政島は完全に戦意を喪失した。帝政島が天津風のガーターベル島による武装解除要求に応じたことで1239ターンに停戦が成立し、この騒動に終止符が打たれたのである。

【影響】
 この戦争の結果、帝政島は「ゆるふわ宣言」を受諾。砲弾の大半をュ島と天ベル島に対し供出し、チームゆるふわに加盟した。帝政島離脱後のマルテス教団は努力島を中核戦力としてに軍拡を進め、生き残りを図ることとなった。
 また戦後の帝政島では、政策面での徹底した「ゆるふわ化」が推し進められた。さゆみん島への自主的な補償を通じてJK陣営との関係改善を図り、チームゆるふわ加盟国に対しても援助を提供した。マルテス教団からの敵意に晒されながらも、チームゆるふわの一員として国際社会への復帰に取り組んだのである。

 最終更新1282ターン
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 タイトルは次の画面で設定してください
名前
「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail
入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
   クッキー保存

▲最上部に戻る